WordPressで、特定の記事のみ検索させたくない場合All in One SEOプラグインで対応可能かどうか?

 

私はWordPressで、特定の記事のみ検索させたくないのだ。
その場合、All in One SEOプラグインで対応可能なのだろうか?

この記事で検証。
カテゴリーやタグの設定は無し。
オプションはこんな感じ。

Windows10からWindows7へダウングレードして IME 言語バー消失時の復元方法

当方Mac OSにてParallels Desktop経由のWindowsを使用しています。そろそろWindows10も試したくなってきたので早速アップグレード。

一時的にWindows8も試してみたのですが、やはりWindows10も使用数分で断念となりました。

大きな理由は3点ほど。

1. 未対応アプリがまだ多い
2. 容量が肥大化(推奨アップグレードでは大きくなってしまうようだ)
3. ParallelsのWindows7ではそこまで違和感がなかったが、Windows10では仮想OSウィンドウからマウスカーソルが閉じ込められてしまう。
Ctrl+Altで解放できるのだが、非常にストレス。
※Parallelsもアップデートすれば改善されるかもしれません。

とういうわけで以下サイト参照し早速ダウングレード。
http://pc-karuma.net/windows-10-downgrade-windows-7-8-1/

非常に簡単なのですが、Windows7に戻した後言語バーが表示されず、日本語入力ができなくなりました。

Windows10にアップグレードすると日本語IMEが、Microsoft IME 2012になる。
Windows7ダウングレード(復元)すると、当然、IME2012非対応なので、標準IMEとなって、IME初期状態化、日本語IMEではなくなるそう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13152800423

復元方法1:Google日本語入力で一時回避。
https://www.google.co.jp/ime/

復元方法2:Microsoft Office IME 2010をダウンロード
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2010/ime/default.aspx

復元方法3:”ctfmon.exe”を検索。
スタートメニューのエクスプローラーより”ctfmon.exe”を検索。
右クリックしてスタートメニューに表示
再度スタートメニューを表示すると”CTFローダー”が追加されているのでこちらをクリック。
言語バーが表示される
http://rikuntyudady.blog101.fc2.com/blog-entry-223.html
http://rikuntyudady.blog101.fc2.com/blog-entry-850.html

CodeIQ × ホリエモンからの挑戦状 超難問その正解とは?

面白そうなキャンペーンだったので試してみた。
https://codeiq.jp/lp/horiemon/

難解だったので、頭の3行ぐらいでまともに考えるのは諦めた。

というよりも、ある文字列の検索ワードが頭に浮かんだ。

検索結果をコピペしてみた。

 

 

後悔しない方は続きをどうぞ。

“CodeIQ × ホリエモンからの挑戦状 超難問その正解とは?”の続きを読む

Googleアナリティクスで “e コマース データが表示されない” アラートが表示された時の参照URL

スクリーンショット 2015-05-22 17.32.21

ビュー「All Web Site Data」は e コマース用に設定されていますが、データが受信されていません。

このアラートが表示された時の参照URL

https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/analyticsjs/ecommerce?hl=ja

Mac Yosemite “このアプリケーションで開く” が遅くなったときの対処方法

15052201

MacをYosemiteにアップデートしてからか、コンテキストメニュー(右クリック)の”アプリケーションで開くが”取得中…の状態が長くなり、ストレスを感じるようになりました。

私の場合は、画像を右クリックしてphotoshopで開くことが多いのでここで待たされるのは結構なストレスです。

解消するためのTips

ターミナルなどで以下コマンドを実行

終了したら、Finderを再起動

大元になるファイルはこちらのようです。
~/Library/Preferences/com.apple.LaunchServices.plist

 

参考サイト:
http://oversleptabit.com/?p=1823
http://rcmdnk.github.io/blog/2014/10/19/computer-mac/
https://discussionsjapan.apple.com/search.jspa?facet=content&type=discussion&q=%E3%81%93%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A7%E9%96%8B%E3%81%8F&sort=relevanceDesc&showAnsweredFirst=true

ヒートマップ分析可能な高機能アクセス解析[Ptengine]

ヒートマップ分析ができる高機能アクセス解析[Ptengine]の案内が届きました。 ひとまず登録して経過を観察してみたいと思います。

ちなみに、無料版では今の所[https]SSLは対応していないようです。

アクセス・アナリティクス解析ツール【Ptengine】

exFATからParagon NTFSへ

逝ってしまったSeagateのHDいろいろ原因を考えてみました。
思い当たる点が2点。

①7200rpmの高回転
一般的に普及しているのは5400rpmが多いのですが、ST750LX003は7200rpmの高回転でSSDとHDDのハイブリッドというのが売りの商品でした。

高回転ゆえに、発熱も高く耐久性という点ではノートブックには向かないように思います。

②exFATでフォーマットして使用していた
これは個人的な見解ですが、マウントしなくなったのはこれが有力なのではないかと推測しています。
これまではMacの外付けHDDのフォーマットはexFATが最強だと思っていました。
なので、今回新しく購入したHDDもexFATでフォーマットしようと思っていました。
でも、一点気になることが…

ST750LX003を最後の望みでDiskWarriorにかけた時exFATは推奨されていないようで、マウントされないディスクは”不明ディスク”としてスキャンすらできない状態でした。

ということは、やはりMac推奨のHFS+にした方が良いのか…

いつも同じような問題で悩んでいる気がするのですが、いくつか調べてみると以下の文字が飛び込んできました。

これは速い!MacからWindowsのNTFSボリュームへ高速に書き込みできるようにする Paragon NTFS for Mac OS X 10

http://tukaikta.blog135.fc2.com/blog-entry-238.html

Paragon NTFS 最強

http://pcblog.asiawatcher.com/2012/11/29/paragon-ntfs-for-mac-os-x-10-0%E3%80%80%E6%9C%80%E5%BC%B7%EF%BC%81%EF%BC%81%EF%BC%81/

読んでみると説得力ある内容。
スピードがHFS+とあまり変わらないのはかなり魅力的です。

今回購入したのは以下
3d_NTFS11_PNG_134x172
Paragon NTFS for Mac®OS X 11 1ライセンス
+ Paragon HFS+ for Windows 10 (Read/Write) 1ライセンス
価格3,240円
http://www.paragon-software.com/jp/home/ntfs-mac/eshop.html?affChecked=1

当方の環境はMacBook ProにParallels Desktopを入れて、Windowsを動かしております。

Paragon NTFS for Mac®OS X 11のみでも良いのかもしれませんが、Win→Macの書き込みが原因と思われる思い当たる現象もあるので今回はセットの方を購入しました。

Seagate ST750LX003再交換

ちょうど1年ぐらい前、こちらでSeagateの保証プログラムでSSHDを交換した記事を書きました。

またしても交換したST750LX003が逝ってしまいました。
以前にも何度かマウントしないことがあったのですが、ディスクユーティリティから検証、修復で復活していたので今回もこの手でいけるかなと思いきや…

“このディスクを修復できません。できるだけ多くのファイルをバックアップし、ディスクを再フォーマットしてから、バックアップしたファイルを復元してください。”

上記エラーメッセージとともに修復不可となりました。

command+Rで起動時のディスクユーティリティから作業しても同じ。
DiskWarriorでも”不明なディスク”としてマウントしてくれません。

運良く先日2TBのバックアップ用HDを購入し、しっかりバックアップを取っていたので被害は最小限に抑えることができました。

こういう時は振り返っても仕方がないので前向きに切り替え早速新しいHDを物色。

価格.comで1番人気は以下

東芝 MQ01ABD100 [1TB 9.5mm]
最安は6,020円
http://kakaku.com/item/K0000276595/

これでも全然よかったのですが、7位に日立の個体を発見
HGST HTS541010A9E680 [1TB 9.5mm]
価格は6,150円
http://kakaku.com/item/K0000354536/

決め手になったのは以下レビューとGigazineの記事
http://review.kakaku.com/review/K0000354536/#tab

ハードディスクはどこのメーカー製が一番壊れにくいのか
http://gigazine.net/news/20140122-hdd-survival-rate/

早速届いて問題なく使えております。

ST750LX003は再度保証の対象ということで交換に出しました。