無濾過生原酒(ムロナマゲン)とは?

美味しいお酒をリサーチしていると良く見かけるこの日本酒専門用語「無濾過生原酒(ムロカナマゲンシュ)」。
どういう意味なんでしょう?

まずは日本酒の基礎知識から。
日本酒は税法上、米と米麹及び水を原料として発酵させて濾(こ)したものと定義されています。
濾すとは、醪(もろみ)を布製の袋に入れて酒と酒粕に分ける作業の事です。
濾していないものはどぶろく(濁酒、濁醪)といい、発酵させただけの白く濁った酒。もろみ酒、濁り酒(にごりざけ)ともいいます。
濾した直後の酒は薄く白濁しています。
時間を置くと瓶の下に溜まる「おり」は「おりがらみ(滓絡み)」とも呼ばれ、「うすにごり」「直汲み」「初しぼり」と呼ばれる場合もあります。「おりがらみ」というのは、この状態の酒です。
この白濁はしばらくすると沈殿しますので、その上澄みだけをとります。(滓引き)
この状態のでは、酒は黄金色をしています。そこに活性炭の粉を入れて無色透明に近づけ、雑味を消す作業を炭素濾過といいます。

「無濾過生原酒(ムロカナマゲンシュ)」言葉を分けてみると、”無濾過 生 原酒”と分けられます。
一つづつ見ていきましょう。

無濾過とは?
直訳で考えると濾過が無い。
つまり、濾過の工程が無いと考えられます。
通常は余計な雑味を取り除くために、炭素濾過という工程を経て瓶詰めしますが、あえて炭素濾過をせず、お酒本来の持ち味を大切にしています。

生酒とは?
通常日本酒は商品となるまでに2回の加熱殺菌が行われます。
1回目は貯蔵される前、滓引きした後で60℃前後で加熱殺菌します。この加熱殺菌によって酒の中に残っている酵素や酵母の活動を止めます。
2回目は瓶詰される前です。酒の状態を安定させ劣化を防ぐのがその目的です。
この2回の火入れを行わないのものを生酒と呼びます。酵母菌の生きたフレッシュな香味がその特徴です。

原酒とは?
原酒は、でき上がった酒を加水しないでアルコール度数を落とさないそのままの状態です。
原酒は並行複発酵を行うため、20度近いアルコール度数があります。
通常は出荷前に加水(割り水)して15~17度ぐらい、飲みやすくするために12~14度にする場合もあります。

「無濾過生原酒(ムロカナマゲンシュ)」とは牛乳で言えば絞りたてそのもの。
よって、お米のポテンシャルを最大限閉じ込めた状態であるのと同時に、温度管理が重要で、非常にデリケートなお酒なのです。ちょっと略して「ムロナマゲン」と呼ばれたりもするようです。なんとも印象的な響き♪「ムロナマゲン」