OS X Yosemite 緑ボタンをフルスクリーンから最大化に切り替え

Mac OS X Yosemiteにアップデートして変更になった機能の一つに、Finderなどウィンドウの赤、黄色、緑のボタンがあります。

中でも緑のボタンにしよう変化がありました。
Yosemite以前は 緑(+)=最大化(ディスプレイサイズに応じて最大化)していましたが、Yosemiteにアップデートしてから緑のボタンをクリックするとフルスクリーンになってしまいます。

これはこれで使用する機会もあるのですが、個人的には最大化の方が使用頻度が高いので以外にないと困る機能です。
無くなってから改めて気づく、地味に良く使うボタンですね。

この緑の+ボタンをショートカットで表示する方法がありました。

解決方法は以下
“alt+option”

これで+ボタンに切り替わります。
覚えてしまえば非常に使い勝手が良くなった気がします。
さすがに良く考えられているなと感心しました。